FUKKO

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017聴くに堪えない・観るに堪えない

<<   作成日時 : 2017/12/05 10:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年ほど気持ちがざわついた事は無かったと思います。

TVを見ていてもどの局も同じものを扱っていて、その時々の関心事を演出しているような気持ち悪さがありました。
他局でも扱ってるネタだから大丈夫だろう的で、何かの圧力がバックにあるのではないのか?などと思ってみたりもします。

 公的機関で創り出された言葉のセンスにモヤモヤ感がつのります。

 『人づくり革命』―『人』はつくるのでは無く『育てる』のです。多分『モノづくり』という言葉に対比したのでしょうが安易です。  本当は『(都合のいい)人づくり』なのではないかと思ってしまいます。『革命』という言葉も為政者側が使う言葉ではない気がします。『革命』という言葉の理念をなし崩しにして、言葉を解体する気なのかもしれないとへんな勘ぐりをしてしまいました。 提案されている少子化対策とか、教育費の無償化など、国民の為のように聞こえますが『産めよ、増やせよ』の婉曲的な表現なのかとモヤモヤしています。

 『Jアラート』―国難とか危機とか言っている割に、軽い言葉の響きがします。事態が事態なら『空襲警報』と同じ意味合いを持つはずが、何か不安感を演出する意図で鳴らす事を考え出した?と思ってしまいます。

 個人の発言ではありますが、何回も報道されていて、私には恐ろしく感じたのは、 『チガウダロー』より、『スバラシー』でした。 さすがの報道もボカシを入れていましたが、ある教育施設の子供達に言葉を合唱させる様子に対して述べられたことばです。映像共々、吐き気がしました。 それこそ「違うでしょ」と言いたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017聴くに堪えない・観るに堪えない FUKKO /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる