アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
映画『否定と肯定』
 『W座からの招待状』で観ました。 見応えのある作品でした。  2016年イギリス/アメリカ映画です。 原題『DENIAL』 実際の出来事をベースに制作された作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/01 10:19
映画『(A GERMAN LIFE)ゲッベルスと私』
 自分に課しているジャンルの映画なのでWOWOWまで待ってもよかったけど、いくつかの雑誌と新聞に映画紹介されていたので、岩波ホールに観に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 21:46
『007スカイフォール』観てきました。
 とにかく、ダニエル・ボンドにメロメロなので、スクリーンで観たくて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/11 11:58
『踊る FINAL』観ました
 15年前のドラマに始まり、特番、映画(当然映画館で、真下、室井版も)全て観てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/21 21:00
コミック『シャーロッキアン』読んでみました
 映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』のパンフレットで池田邦彦氏の文章を読んで、『シャーロッキアン』にも興味深深でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/02 14:59
『Pina/ピナ・バウシェ 踊り続けるいのち』観ました
 3D映像の楽しさ実感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/20 10:40
『ホームズ』『幸せの教室』今週2本観ました。
 『SHERLOCK HOLMES−A GAME OF SHADOWS』    昨年に続き2作目です。 21世紀のホームズとして気に入ってます。  正直ロバート・ダウニーJrは苦手な俳優さんですけれど、これは許せます。ほんとホームズてこんな感じも有りと思えます。  ジュード・ロウはよくぞワトソン。ようこそジュード・ワトソンです。  モリアーティとくれば滝の場面。どう描くのか興味深深でしたが、う〜ん憎いね。  子供の時から繰り返し読んでる者には、この手の映画はズルイです。つい劇場に、ヤ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/13 10:24
『麒麟の翼』『J・エドガー』一週の内に2本観ました
 TVドラマの時から気に入っていたので、大画面で観たいなと『麒麟の翼』へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/13 09:24
『プリンセス トヨトミ』観てきました
 万城目学原作の『鹿男あをによし』をドラマで知って、本を読んで更に気に入ってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/18 09:02
『亡命』観ました
  先週観て来た映画です。  中国から亡命して各国にいる人にインタビューした映像を中心に据えたドキュメンタリーの映画です。  監督が翰光(Han Guang)企画・製作が山上徹二郎、編集・製作がジャン・ユンカーマン(Johu Junkerman)という作品です。          公式ホームページ: http://www.exile2010.asia/jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/09 10:17
誰のファンですか?
 十代の頃から映画ファンですが、ストーリもそうですが、役者さんで映画を選ぶ場合もあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/30 11:33
『相棒U』『しあわせの雨傘』観ました
 どちらも観たかった映画なので、満足してます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/29 15:29
怖いこと
 誰かと話していて、人によって何が怖いかは、ずいぶんと違うものだと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/21 14:12
『クリスマス・ストーリー』観ました
 C・ドヌーブの映画が久しぶり観たくなって行きました。    家族の中で、母親と長女の意思が最重要な形で尊重されています。それを囲むように大人な男達が登場して・・。 ステキな映画です。  『UN CONTE DE NOËL』という原題です。楽しく、ほろ苦くクリスマス時期に人生の一ページを味わって。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/15 14:42
『SP 野望篇』観ました
 TVドラマの時、毎週楽しんで観てました。中途半端な終わり方(謎がなぞのまま)だったので、映画に続くためだったのか、と思って待ってました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/15 17:40
自分の弱さと向き合う−B
 今週水曜深夜にWOWOWで『縞模様のパジャマの少年』という映画がありました。録画して観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 10:55
『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』観ました。
 もう2週ぐらい前にちょっと気晴らししたくて、娘が深田恭子ファンなので付き合って観ました。  今現在、上映館・時間共縮小されてしまってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/16 10:47
『瞳の奥の秘密』観ました
 今年3月のアカデミー賞の外国語映画賞を受賞した作品。当然本国や米国では昨年公開。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/28 15:59
『This is It』やっと観ました
 良かったです。ぜひ観てみましょ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/04 14:19
『踊る3』やっぱり観ちゃいました
 『踊る1』『踊る2』『交渉人・真下』『容疑者・室井』結局観てる者には、今回の誘惑にもいちころで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/29 09:53
"ちべっとサンデー”に行きました
 今日は火曜日です。一昨日ありました。   『雪の下の炎』監督:楽真琴(ささまこと)ドキュメンタリー映画と『風の馬』監督:ポール・ワーグナー  2本の上映会でした。    どちらもチベットについての作品です。情報も知識もない分野の物に触れると、いかに知らない事が多いかというのを改めて思います。  自分の立ち位置を確認するのと、折をみて情報を得よういう気持ちになります。  何か大きく事が起こらない限り、報道されないので貴重な機会でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/15 14:29
『アントニオ ガウディ』ドキュメンタリー映画
 1984年72分カラー 製作:勅使河原宏(『砂の女』etc.監督) 音楽:武満徹 もちろんガウディが気になって、東京都立多摩図書館特別映画会―建築の美T―に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/06 11:02
『アリス イン ワンダーランド』3D
 結局、ジョニー・デップの映画観ちゃいました。3Dも体験しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/01 14:26
『シャロック ホームズ』観ました
 もしロンドンに行くなら、ロンドン塔とベーカー街とカーライル博物館は外せない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/10 16:25
『ラブリーボーン』観ました
 何故か続けて試写会になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/26 13:57
『ゴールデンスランバー』観ました
 多くの役者さんが出ていて興味をそそられ応募した試写会の招待状が届いたので、行きました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/26 13:35
『パブリック・エネミーズ』観てきました
 当然J・デップ目当てです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/15 16:23
竹野内豊観たさに『さまよう刃』
 実は映画を観てから十日ぐらい過ぎてしまいました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/02 13:53
『剱岳 点の記』観ました
 2週間ほど前に行ってきたのですが、観客動員が結構なようでビックリしてます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/16 19:38
字幕の言葉
 先週末は泥酔事件で、それぞれ感慨があることだと思います。    ただの酒好き・おいしいだけと言い張っても何回かアルコール飲料での不始末の経験のある人は、胸をはって依存症ではないと言いきれるのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/26 14:39
『レッド・クリフPartU』試写会行ってきました。 
 嘘みたいに聞こえるかもしれないけれど、先日『レッドクリフ』についてブログに書いた直後に試写会のハガキが届きました。それも速達でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/01 18:17
レッドクリフ
 PartUが近々公開のようですが、『三国志』に詳しい方はいきなりでも大丈夫なのかもしれませんが、PartTを観てないで理解出来るのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/26 11:57
インディやはり観てしまいました
 映画館で予告編を観た時から、あのテーマソングに抗し難く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/28 20:24
『アフター スクール』観ました
 大泉洋・堺雅人・佐々木蔵之介というキャストに惹かれ観てきました。  キャストに無駄がない!おもしろい。 この二言に尽きると思います。私として最高のほめ言葉だと。  内容にはいっさい触れないのがこの映画には必要なので、それは観てのおたのしみ。気になるでしょ。  反芻したくなったのでパンフレット買いました。(買ったか買わないかで指針にするのもいいかな?) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/03 09:23
『チーム・バチスタの栄光』
 最近落ち込みが、ひどく、本も読めなくなってます。そんな状況で唯一読めた本です。 原作を読んだ者には、ダイジェスト版?という仕上がりの映画になってます。  その割りに「キネ旬」の★印数が多めでした。  2分冊を映画に収めるにはあれしかないのかも。    読んでて、主役2人のエキセントリックなキャラが魅力の一つなのですが、そこを映像で現すのに時間とられちゃうからやもなしのでしょう。 その為に、竹内結子・阿部寛もきれい過ぎます。狂言回しの役割になってます。読者には少し残念です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/10 18:39
『カポーティ』と『トリスタンとイゾルデ』観ました。
 『カポーティ』  評判に負けない出来でした。 最近他国の映画のリメイクばか創ってるイメージが強いですけど、チャンといい物は逃さず。というところでしょうか。  roubashinとしては、人は誰でも、好くも悪くも、卑怯な心を持っているという事を思いました。それを克服するべく意識して暮らすのか、葛藤するのか、無自覚でいるのか、正解はないのでしょう。 最高は☆いくつか判りませんが、☆4つ進呈。  『トリスタンとイゾルデ』  余りにも有名ですけど、話としては何も知らないので観に行きました。 さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/03 20:59
映画『ゆれる』観てきました。
 香川さんが立派な上手な俳優さんとは認めますし、キネ旬の連載記事なんかもいい感じなのですが、なんとなく好きな俳優さんではないので劇場まで行くのはと迷ってました。が、オダギリに負けて見に行きました。  行って良かったです。あらすじとかもろもろ、あちらこちらの評判通りと思います。  私は、音の使い方というのか聞かせ方に魅せられるものが、ありました。  最初の場面で、久しぶりに故郷に車を走らせるシーン。フォードのエンジン音が、この音なんだよねという感じで、映画が始まるのです。 後々いろんな意味合... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/10 17:56

トップへ | みんなの「映画」ブログ

FUKKO  映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる