テーマ:映画

映画『否定と肯定』

 『W座からの招待状』で観ました。 見応えのある作品でした。  2016年イギリス/アメリカ映画です。 原題『DENIAL』 実際の出来事をベースに制作された作品です。  登場人物の諸事情、各国の司法制度の違い、歴史のこと、法廷場面など盛り沢山な内容です。  映画の中で、 弁護動機に関する会話があり、字幕版では『本能』、吹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『(A GERMAN LIFE)ゲッベルスと私』

 自分に課しているジャンルの映画なのでWOWOWまで待ってもよかったけど、いくつかの雑誌と新聞に映画紹介されていたので、岩波ホールに観に行きました。   はじめにタイトルが『A GERMAN LIFE』と画面に出た時に邦画の題名はどうなの?と思いました。   ちなみにオーストリア映画です。  ゲッベルスの秘書だった人の語り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『007スカイフォール』観てきました。

 とにかく、ダニエル・ボンドにメロメロなので、スクリーンで観たくて。  今回はぼろぼろなダニエルですが、きちんとスーツを着た時のギャップが~。  話はそう来たかって所ですが、楽しんで来ました。  まだ余韻に浸ってますし、例の音楽が頭の中を流れています。    観て欲しいです。ボンド映画をなのか、ダニエル・クレイグをか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『踊る FINAL』観ました

 15年前のドラマに始まり、特番、映画(当然映画館で、真下、室井版も)全て観てきました。  気をテラッタ仕掛けも、変な裏切りもなく、原点の新鮮さとこなれた感じのバランスが良かったです。集大成というかFINALです。少しの寂しさもありますが、どれも、何度観ても楽しめます。  終わりの方の約束みたいな『室井さんのつぶやき(秋田弁)』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミック『シャーロッキアン』読んでみました

 映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』のパンフレットで池田邦彦氏の文章を読んで、『シャーロッキアン』にも興味深深でした。  さっそく購入。  絵は正直イマイチな感じでしたが、読んだ後では味のある絵に変りました。おもしろかったです。  ホームズ好きに、また新しい誘惑です。 シャーロッキアン!(1) (アクション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Pina/ピナ・バウシェ 踊り続けるいのち』観ました

 3D映像の楽しさ実感。  巷では中学でダンスが必修ということで、先生達が涙ぐましくもヒップ・ホップを必死で練習という映像が流れてました。それもいいけど、ぜひこの映画を先生も生徒も一緒に観たらいいと思いました。  ダンス必修は、何も汗流してストレス発散して爽快感を味わうなんて為にしたのではないと思います。  全編観てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ホームズ』『幸せの教室』今週2本観ました。

 『SHERLOCK HOLMES-A GAME OF SHADOWS』    昨年に続き2作目です。 21世紀のホームズとして気に入ってます。  正直ロバート・ダウニーJrは苦手な俳優さんですけれど、これは許せます。ほんとホームズてこんな感じも有りと思えます。  ジュード・ロウはよくぞワトソン。ようこそジュード・ワトソンです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『麒麟の翼』『J・エドガー』一週の内に2本観ました

 TVドラマの時から気に入っていたので、大画面で観たいなと『麒麟の翼』へ。  溝端君は以外に華があって大画面向きなんだと、拾い物の感想です。田中麗奈は相変わらず画面を引き締めて ます。  若い頃、日本橋から1本北の橋を通勤に歩いてました。当然たまに日本橋も通ってましたが、ほんと通路感覚でしたので、改めて日本橋を認識した気分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『プリンセス トヨトミ』観てきました

 万城目学原作の『鹿男あをによし』をドラマで知って、本を読んで更に気に入ってしまいました。  またまたおもしろそうな設定で、今回は読む方が先で、映画を観ました。  やはり2時間の中で、登場人物は絞り込んだようで、残念な部分もありました。(原作を読んだ者の特権)  本の方では「性同一性障害」にまつわる物語もありますが、映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『亡命』観ました

  先週観て来た映画です。  中国から亡命して各国にいる人にインタビューした映像を中心に据えたドキュメンタリーの映画です。  監督が翰光(Han Guang)企画・製作が山上徹二郎、編集・製作がジャン・ユンカーマン(Johu Junkerman)という作品です。          公式ホームページ: http://www.exil…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰のファンですか?

 十代の頃から映画ファンですが、ストーリもそうですが、役者さんで映画を選ぶ場合もあります。  小さい頃はジュリー・アンドリュースやパティー・デューク(懐かしい)に憧れて、母に映画へ連れて行ってもらったりしていました。年頃になってからは、当然男性俳優です。その時々で色んな役者さんが好きで観ています。  今日は、『すごくはまって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『相棒Ⅱ』『しあわせの雨傘』観ました

 どちらも観たかった映画なので、満足してます。  『相棒Ⅱ』は『Ⅰ』の娯楽色は無く、TVシリーズの相棒のテイストがほどよく、映画ならではも加わっています。 TVシリーズでは亀山薫が主役ながら、役を去って、今回は映画で別のメインキャラクターが終わりを迎えます。  新機軸のようでいて、CSIラスベガスシリーズやクリミナル・マイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怖いこと

 誰かと話していて、人によって何が怖いかは、ずいぶんと違うものだと思います。  映画好きなのだけれど、バイオレンスやアクション物はとにかく怖くて見れないという人がいます。  ちなみに私は、ホラー映画がダメです。怖い怖い。予告でも十分怖いのです。楽しみに観に行ってる映画で、ホラー映画の予告があると、テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『クリスマス・ストーリー』観ました

 C・ドヌーブの映画が久しぶり観たくなって行きました。    家族の中で、母親と長女の意思が最重要な形で尊重されています。それを囲むように大人な男達が登場して・・。 ステキな映画です。  『UN CONTE DE NOËL』という原題です。楽しく、ほろ苦くクリスマス時期に人生の一ページを味わって。     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『SP 野望篇』観ました

 TVドラマの時、毎週楽しんで観てました。中途半端な終わり方(謎がなぞのまま)だったので、映画に続くためだったのか、と思って待ってました。  映画の冒頭シーンはダニエル・クレイグの『007/カジノ・ロワイヤル』の最初の処を思い出しました。  SPチームが一つになってる感じがドラマより進んでいるのが良かったです。  話は来年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の弱さと向き合う-③

 今週水曜深夜にWOWOWで『縞模様のパジャマの少年』という映画がありました。録画して観ました。  縞模様のパジャマがどういう事か解ると思います。「事実を隠す事、嘘を喧伝する事が、多くの大きな悲劇を招く」この一言に尽きる内容でした。  楽しくなる映画、気持ちを新たに出来るような映画だけ観ていたいとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『恋愛戯曲~私と恋におちてください。~』観ました。

 もう2週ぐらい前にちょっと気晴らししたくて、娘が深田恭子ファンなので付き合って観ました。  今現在、上映館・時間共縮小されてしまってます。  私が読んだ映画評がちょっと辛口なのが・・。  確かに鴻上尚史ファンという方が大勢いらして(娘などにはその点はきっと解っていないと思います)、そういう方には?と思われているのか?  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『瞳の奥の秘密』観ました

 今年3月のアカデミー賞の外国語映画賞を受賞した作品。当然本国や米国では昨年公開。  アルゼンチンの映画を観る機会なんてないので、いろんな意味で興味を惹かれました。  アルゼンチンで思いつくのはサッカ-関連で、バティことバティステュータとメッシと水色と白のストライプのユニフォーム。それに上下が青とゆうか水色で中が白で中央に黄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『This is It』やっと観ました

 良かったです。ぜひ観てみましょ。  音楽映画大好きですが、これは多くの人に観て欲しいと思います。  踊り歌どっちもリハですけど、全開ならどうなるの?と思います。 マイケルのメッセージも感じて欲しいです。  青臭いと思う人もいるかもしれないけれど、青臭くていいじゃない。 一生青いままでもいいではないですか。  人として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『踊る3』やっぱり観ちゃいました

 『踊る1』『踊る2』『交渉人・真下』『容疑者・室井』結局観てる者には、今回の誘惑にもいちころで。  踊るに関して登場した役者全てが出演している総集編というよりディレクターの話どおり、Newな踊るでした。  新しいドラマへの伏線か?それには青島もスミレさんも移動してしまい、次の主役は和久さんの甥っ子役伊藤淳史と組んで、「都知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"ちべっとサンデー”に行きました

 今日は火曜日です。一昨日ありました。   『雪の下の炎』監督:楽真琴(ささまこと)ドキュメンタリー映画と『風の馬』監督:ポール・ワーグナー  2本の上映会でした。    どちらもチベットについての作品です。情報も知識もない分野の物に触れると、いかに知らない事が多いかというのを改めて思います。  自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アントニオ ガウディ』ドキュメンタリー映画

 1984年72分カラー 製作:勅使河原宏(『砂の女』etc.監督) 音楽:武満徹 もちろんガウディが気になって、東京都立多摩図書館特別映画会―建築の美Ⅰ―に行ってきました。  時折、町並みの遠景として現れるサクラダファミリアが真打とばかり、終わりの20分間に当てられています。それまではバルセロナ、カタルーニャ地方にあるガウディの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『アリス イン ワンダーランド』3D

 結局、ジョニー・デップの映画観ちゃいました。3Dも体験しました。  最初遠近が気になりましたが、すぐ慣れました。 画像にかぶって字幕の文字が出てたり、引っ込んで見えたりがご愛嬌です。 すごく側に蝶々が飛んでたり・・  T・バートンの映画としては、凄く全う過ぎるような、ディズニー映画(シンデレラ城も立体感あり)のせい? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シャロック ホームズ』観ました

 もしロンドンに行くなら、ロンドン塔とベーカー街とカーライル博物館は外せない。  中学生時代にシャーロック・ホームズを読んで以来、成人してからは文庫のホームズを読み、その後はドラマがあれば勿論、映画(これはテレビ放映になってから)もどんな役者が演じようが、設定が若いホームズでも、アンテナに掛かれば全て観てきました。    今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラブリーボーン』観ました

 何故か続けて試写会になりました。  何となく怖そうな気がしてましたが、そんな事はありませんでした。でもドキドキするところはありました。  不思議な味わいがありました。観て好かったです。  原作が気になりました。もちろん翻訳本ですが、読む気でいます。 ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)ヴィレッジブックスアリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ゴールデンスランバー』観ました

 多くの役者さんが出ていて興味をそそられ応募した試写会の招待状が届いたので、行きました。   お正月第二弾公開ということで顔見世的要素もあるのでしょうか?   主人公が逃げ切る方に重点があるせいか、事件の真相には謎がありました。原作だと多分わかるのかもしれませんが、どうなのでしょうか?相武紗季の役どころとか気になりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パブリック・エネミーズ』観てきました

 当然J・デップ目当てです。  事前情報は映画館での予告編ぐらいでした。エネミーの意味も帰宅してから辞書で調べました。  観ながら『俺たちに明日はない』のボニーとクライドが浮かんでいました。  どっちがどうのという事もありません。  米国ではこの時代の銀行強盗はアンチヒーローとして魅力的にそして最後は・・・のパターン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹野内豊観たさに『さまよう刃』

 実は映画を観てから十日ぐらい過ぎてしまいました。   テーマがテーマだけに最後に救いがあるような作りにはなっていません。観終わって一番に思ったのが「原作を読みたい」でした。  原作と映画では感想に若干のニュアンスの違いを覚えます。映画サイドの意思を示した終わり方にしたと思います。両方味わうのがお薦め
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『剱岳 点の記』観ました

 2週間ほど前に行ってきたのですが、観客動員が結構なようでビックリしてます。  正直のところ、ドキュメンタリーな作りですし地味な映画と思います。自然の偉大さを感じますが、この映画を大勢の方が選択したのはどういうところなのでしょうか?  口コミで観る人が増えていってるのか、その当たりが気になります。  私が観る気になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

字幕の言葉

 先週末は泥酔事件で、それぞれ感慨があることだと思います。    ただの酒好き・おいしいだけと言い張っても何回かアルコール飲料での不始末の経験のある人は、胸をはって依存症ではないと言いきれるのでしょうか?  たまたまテレビで観ていた映画の字幕セリフを一つ。  「父さんはなんでお酒を?」  「みんなをみじめにしたいだけよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more