テーマ:

芋煮会へ。

 昨日、ポカポカ陽気の中、首都圏某所で、少人数の集まりでした。  制作者は芋煮会の本場、山形県人です。ちょっぴり(人によってはタップリ?)飲んで。 美味しかったです。    お出かけしての飲食は、気分も変わるしおいしいですね。     山を下りたら山麓酒場 (散歩の達人POCKET)交通新聞社 清野 明 Amazon…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『横浜読書百貨展』行きました

 ―横浜市読書活動推進ネットワークフォーラム―というところのイベントでした。  噂にきく、ビブリオバトルに興味があって行きました。  まちライブラリー提唱者・磯井純充さんの基調講演といか文庫さん、MAMEBOOKSさんのトークセッションもありました。  参加者なべて本好きなのだと思いました。    話等を聞いていると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大好き!漱石

 高校生の時に『坊ちゃん』『我輩は猫である』を読んでから、漱石に惹かれました。  単純に漱石のユーモアと皮肉屋なところが気に入ったぐらいのところでした。  ― 山路を登りながら、こう考えた。    智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。― で始まる『草枕』の冒頭の文が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改めて、コナン・ドイル=シャーロック・ホームズ

 4月にR・ダウニーJrとJ・ロウの『シャーロック・ホームズ』の映画を観て、又、読みたくなってしまい、徐々に読んでます。  最初は中学生時代に学校の図書館の本で読んだと思います。そう何冊も読んではいないと思います。就職して、通勤の地下鉄で読んだ時には、ほとんど読んだと思います。その後はNHKのBBCのドラマをワクワクして観ていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アリス イン ワンダーランド』3D

 結局、ジョニー・デップの映画観ちゃいました。3Dも体験しました。  最初遠近が気になりましたが、すぐ慣れました。 画像にかぶって字幕の文字が出てたり、引っ込んで見えたりがご愛嬌です。 すごく側に蝶々が飛んでたり・・  T・バートンの映画としては、凄く全う過ぎるような、ディズニー映画(シンデレラ城も立体感あり)のせい? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シャロック ホームズ』観ました

 もしロンドンに行くなら、ロンドン塔とベーカー街とカーライル博物館は外せない。  中学生時代にシャーロック・ホームズを読んで以来、成人してからは文庫のホームズを読み、その後はドラマがあれば勿論、映画(これはテレビ放映になってから)もどんな役者が演じようが、設定が若いホームズでも、アンテナに掛かれば全て観てきました。    今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ラブリーボーン』観ました

 何故か続けて試写会になりました。  何となく怖そうな気がしてましたが、そんな事はありませんでした。でもドキドキするところはありました。  不思議な味わいがありました。観て好かったです。  原作が気になりました。もちろん翻訳本ですが、読む気でいます。 ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)ヴィレッジブックスアリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィクションとノンフィクション

 情けないことに、フィクションとノンフィクションがごっちゃになってしまう。何となく逆に認識してしまうことがある。  フィクションが小説、創作いわば絵空事で事実ではないことなのだけれど、言葉にノンが付くと否定しているかんじで、現実の事でないと思ってしまい、どっちが作り事なのか判らなくなってしまうのです。  辞典で調べると、フィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more