テーマ:メモリー

映画『否定と肯定』

 『W座からの招待状』で観ました。 見応えのある作品でした。  2016年イギリス/アメリカ映画です。 原題『DENIAL』 実際の出来事をベースに制作された作品です。  登場人物の諸事情、各国の司法制度の違い、歴史のこと、法廷場面など盛り沢山な内容です。  映画の中で、 弁護動機に関する会話があり、字幕版では『本能』、吹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい年、3日目です

 いい天候です。 新たな気持ちで2017年を過ごそうと思っています。  今更、過去に戻ってやり直す事は出来ないのですから、何かしらの反省や、教訓は忘れてはいけないけれど。  過ぎた事に囚われるより、ここは、さらりとこれからの生き方を考えていきます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『杉原千畝と命のビザ シベリアを越えて』展

 昨日、横浜市歴史博物館で開催中(11月27日まで)の『杉原千畝と命のビザ』に行って来ました。  寿福 滋写真展という事で、アウシュビッツとビザを手にした人びとの旅路をたどった写真と千畝氏の足跡が展示されていました。入場無料です。  20年ぐらい前に高校生の息子の英語の教科書か副読本で『CHIUNE SUGIHARA』を知り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『わたしの叔父さん』逝く

 フランス映画ジャック・タチ監督『ぼくの伯父さん』がありました。  松田龍平主演『ぼくのおじさん』が近々公開のようです。  誰も親戚すじに、興味深い、あるいは格別近しい「おじさん」「おばさん」がひとりや二人いると思います。  母の一番下の弟が『わたしの叔父さん』です。  その『叔父さん』が亡くなりました。  私が幼児の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more