ちょっと?だいぶ背伸びしてボブ・ディラン

 『風に吹かれて』がリリースされた時は小学生です。
それでも成長する過程でボブ・ディランの情報は確実に耳に入ってました。
 彼こそが、本来の意味での『意識高い系』の人でしょうか。

 ”答えは、吹く風に聴け”の歌詞は、生意気盛りに知れば、うれしい言葉です。

 背伸びして話題にする事はない同世代で、 残念な事に、現総理の世代です。

 彼はボブ・ディランを何処で聴いたでしょうか? 
 何処で知ったでしょうか? 如何に思ったのでしょうか?

 胃腸か何かで体調を壊して、プッツン辞任した時の方が好感が持てました。
 今は、妙な『メンタルトレナー』のケアが功(功罪)を奏してか、まったく好感が持てません。

 彼からは家業・政治屋の子供と『おじいちゃん子』のデータしか私にはありません。
おまけにT大系の争点逸らしの返答をする頂けない人というイメージです。

 アカデミー文学賞をボブ・ディランが受賞した事から、こんな文章が喚起されました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック