『ホームズ』『幸せの教室』今週2本観ました。

 『SHERLOCK HOLMES-A GAME OF SHADOWS』
 
 昨年に続き2作目です。 21世紀のホームズとして気に入ってます。
 正直ロバート・ダウニーJrは苦手な俳優さんですけれど、これは許せます。ほんとホームズてこんな感じも有りと思えます。
 ジュード・ロウはよくぞワトソン。ようこそジュード・ワトソンです。
 モリアーティとくれば滝の場面。どう描くのか興味深深でしたが、う~ん憎いね。
 子供の時から繰り返し読んでる者には、この手の映画はズルイです。つい劇場に、ヤングホームズだろうが何でも何となくニヤケながら観てしまいます。

 『幸せの教室』

 (社)外国映画輸入配給協会・発足50年記念式の試写会で観ました。
 トム・ハンクスとジュリア・ロバーツ懐かし映画(現代物です)という作りですが、監督(トム)の映画への愛をひしひしと感じました。式典にふさわしい映画です。
 
 「外国映画ベストサポーター賞」ということで、旬の前田敦子さんと藤原帰一氏が授賞されてました。あっちゃん撮影でカメラタイムがありました。
 映画観るまで長かった。それなりに楽しめました。なにせ50年ですから。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック